メインサイトに利用する

中古ドメインの使い方は様々です。
メインにする人もいれば、サテライト用にする人もいるでしょう。
ここではメインで使用することについてみていきましょう。

中古ドメインをメインにする際のリスク

メインで使用する人は最近は減りつつあると言われています。
それには理由があります。
まずペナルティをもし以前のサイトが受けていると、上位表示されるどころの話ではありません。
インテックスすらされなくなりますので、購入前にチェックしておきましょう。
被リンクがスパム扱いになる可能性もあるので注意が必要です。
そして商標登録についてです。
取得をしたとしてもドメインの名前に、商標登録された名前が入っている場合は、これはあたりが悪かったとしかいいようがありません。
そして最近はGoogleが中古ドメイン対策を進めているとの話がありますので、いとも簡単にスパム扱いされてしまう恐れもあります。
このような理由からメインサイト利用には向かないということがあります。

サイト構築前に試す

メインサイトに利用できるかどうか、サイトを作り上げる前に確かめる方法があります。
それは1記事とりあえず更新してみるのです。
そして上位検索結果に入るかどうか、入るならどの程度のランクなのか、この先続けられそうかなどを自分なりに分析します。
最初からメインに使うと決め込まないで、サイト構築前にこのように一度更新してみて試してみれば、どの程度のドメインなのか知ることが出来るでしょう。

外れてしまったら

せっかく購入したけれどハズレだった場合には、サテライト用にすればいいでしょう。
アフィリエイトの被リンクサイト用にしている人もいます。
ペナルティを受けているサイトだった場合には、どうしようもありませんが、そうでない場合はサテライト用にして活用すればいいでしょう。
メインで最初から使用すると痛い目にあうことがありますので、購入してからは、慎重に使えるかどうか確かめて使いましょう。