メリットデメリットについて

中古ドメインのメリットとデメリットはどこにあるのでしょうか。
知った上で取得するのとしないとではSEO対策効果にも違いが出ます。
ここではメリットデメリットを徹底的に見ていきますので、参考にしてみましょう。

中古ドメイン取得のメリット


メリットはやはりSEO対策効果が高いことです。
取得したての新規ドメインではGoogleからの信頼は低いです。
そのためにサイトを更新したとしても検索エンジンに認識されることがありません。
認識されたとしても検索順位はかなり下の方で全く話にならないことがよくあります。
そして検索エンジンの上位を狙うためには地道にコツコツと下積みをしていかなければいけません。
人によっては半年、1年、2年といった時間を費やすことになることもあります。
しかし中古ならそのようなことはありません。
以前別サイトを運営していたドメインですので、前回の運営していたときからの運営日数も、被リンクなども全て引き継いではじめられるので、Googleは認識をすぐにしてくれますし、上位検索結果で表示される可能性は高いのです。
検索結果で新規ドメインよりかなり上位に同じ新規サイトなのに表示されることはよくあります。
SEO対策効果が高いことが最大のメリットです。

デメリットも理解しておきましょう

メリットがあればデメリットもあるのが常ですが、デメリットもしっかり理解しておく必要があります。
これまでに運営していた実績、ページランク、被リンクなどすべてを引き継ぐことが可能ですから、これはメリットと思えるかもしれませんが、逆にデメリットになり得ることもあるのです。
過去にどのようなサイトを運営してたのかしっかり調べなければいけません。
もしかすると、アダルトサイト、公序良俗的に悪いサイトだったかもしれませんし、最悪のケースでは、Googleにスパム扱いされたために手放されたドメインかもしれないのです。
ですから、きちんと調べることが出来ればこのデメリットは解消されますが、わからないまま使うと痛い目にあうこともあります。
メリット、デメリットを押さえた上で購入前のチェックが重要です。